POLICY

私たちの考え

素晴らしい中小企業をクリエイティブで支えること。
それが私たちのミッションです。

Webサイトを変えると、経営が変わる。

あなたの会社の「強み」は何ですか?
御社「らしさ」って何ですか?
競合他社と差別化できていますか?

Webサイトを作るとき、私たちは御社がもつ「価値」の整理から始めます。エンドユーザーは何を求めているでしょうか?それを御社はどのように解決できるでしょうか?事業の将来性は?競合他社と差別化できる点はどこでしょうか?これらを整理し、「価値」を明確にした上で、Webサイトを形にしていきます。
ターゲットと強みの伝え方が決まったら、Webだけでなくリアルでの活動も含めて集客方法を設計します。そしてサイトが完成した後は、なりたい将来に向かって進んでいるかを確認し、検証と改善を続けていきます。

会社のミッションや理念を伝える場として。

またWebサイトは、顧客だけでなく社員やパートナー企業に対して、経営者の想いを伝える場としても大きな意味を持っています。ビジョンやミッションを社内外に宣言し、現場のスタッフなどに参加してもらって一緒に考える機会も積極的に設けていくことで、組織活性化の一端を担いたいと考えています。

Webサイト作り=経営そのもの。

モノの価値を創り、人を育て、売上を生み出す。これはまさに経営そのものです。Webサイトを作ることは、そのまま経営に直結します。その成果は、数字で見える結果もあれば、従業員の成長といった定性的な成果となってあらわれることもあるでしょう。

「価値」の整理からすべては始まる。

「とりあえず広告を打ちたい」というお客様もいらっしゃるかと思います。でも、知名度がなく広告に多額の予算もつぎ込めない中小企業の皆さまに、やみくもな投資はおすすめできません。
豊潤な土地に種を蒔くことで作物が実るように、まずは地盤をしっかり固めることが必要です。まずは自社を見つめ直し「価値」を整理することから始めましょう。その上で戦略的にターゲットへ発信することが、一見回り道のようでいて、売上アップの近道なのです。

Webをもっとわかりやすく。

お客様にとって、日々変化するWebの分野はわかりにくいことが多いと思います。新しいテクニックや用語は次から次へと出てきます。その知識を追うのも必要なことですが、お客様にとって本当に大切なのは、サイトの成果を実らせるために、どんどんWebを活用し経営に役立てていただくことです。
テクニカルな部分は私たちにお任せください。「Web」をもっと身近にとらえていただけるように、自由な発想で活用していただけるように、常にわかりやすい説明と新しいアイデアでサポートさせていただきます。

AMR 株式会社
代表・プロジェクトマネージャー
高橋 隆一郎(右)
近藤 光央(左)