POLICY
私たちの考え

素晴らしい企業をクリエイティブで支えること。
それが私たちのミッションです。

Webサイトを変えると、経営が変わる。

あなたの会社の「強み」は何ですか?
御社「らしさ」って何ですか?
競合他社と差別化できていますか?

Webサイトを作るとき、私たちは御社がもつ「価値」の整理から始めます。
エンドユーザーは何を求めているでしょうか?それを御社はどのように解決できるでしょうか?事業の将来性は?御社らしさってどこでしょうか?これらを整理し、「価値」を明確にした上で、Webサイトを形にしていきます。
その価値を、求める人々へ直接伝えることができたら、経営面から見ても重要な手段と言えないでしょうか?
WEBサイトは自社の価値を明確にし、集客、採用、販売、サポート窓口、ビジョンの共有など多くの経営課題と直結しています。
「Webサイトを変えると、経営が変わる。」と私たちは考えています。

サイト制作からネット広告配信まで、 ビジネス全体を見通し「一気通貫」で改善する。

お客様の強みやブランドイメージを念頭に置きながら、御社のサービスや商品を求める人たちの悩みや欲求が満たされ、素敵な出会いが生まれるような広報戦略の立案を目指しています。
サイト制作から集客を目的とした広告プロモーションまで、全体が一気通貫につながってこそ高い成果が望めます。
データ分析・広告運用する「コンサルタント」とデザインや文章作成センスを持った「制作スタッフ」の両輪で、御社を成功へと導きます。

データを活かして何を企画するのか?新しい発想で課題を改善します。

サイトから得られたデータには、訪問者の滞在時間や検索したワードなど、サイトを改善するヒントとなる指標が多くあります。
それはあくまで現状の表す一つの指標であって、それを元に何を企画するのか?見る人の心理を読み、どうすれば更に興味を抱かせるのか?
第3者の立場で、御社とユーザーの真ん中に立ち、新しい発想で一緒に企画することで、更に新しいマーケットや可能性が生まれてくると考えています。

「価値」の整理からすべては始まる。

「とりあえず広告を打ちたい」というお客様もいらっしゃるかと思います。でも、知名度がなく広告に多額の予算もつぎ込めない中小企業の皆さまに、やみくもな投資はおすすめできません。
豊潤な土地に種を蒔くことで作物が実るように、まずは地盤をしっかり固めることが必要です。まずは自社を見つめ直し「価値」を整理することから始めましょう。その上で戦略的にターゲットへ発信することが、一見回り道のようでいて、売上アップの近道なのです。

Webをもっとわかりやすく。

お客様にとって、日々変化するWebの分野はわかりにくいことが多いと思います。新しいテクニックや用語は次から次へと出てきます。その知識を追うのも必要なことですが、お客様にとって本当に大切なのは、サイトの成果を実らせるために、どんどんWebを活用し経営に役立てていただくことです。
テクニカルな部分は私たちにお任せください。「Web」をもっと身近にとらえていただけるように、自由な発想で活用していただけるように、常にわかりやすい説明と新しいアイデアでサポートさせていただきます。

AMR 株式会社
代表・プロジェクトマネージャー
高橋 隆一郎(右)
近藤 光央(左)