pagetitle_02kasetsu.jpg

仮説~検証~改善を繰り返し、集客力をアップするしくみ

AMRがご提案する"売り上げがアップする4つのしくみ"、最後は"仮説~検証のしくみ"です。
弊社ではWEBサイトを構築する前に、「どんなユーザーを集客し、何を伝え、どこに誘導するのか」という仮説を立てます。 (※見てもらうしくみ参照)
しかし、WEBサイトを立ち上げた後の検証を行わなければ、仮説が正しかったのかどうかの判断ができません。
あらかじめたてた仮説は正しかったのか?想定していたユーザーが訪れているか? トップページだけで直帰していないか?購入、資料請求などのコンバージョンに結びついているか?...など、御社のサイトに合わせたチェックポイントを決め、売上状況やアクセスログをもとに検証していきます。


アクセスログレポート例 ※レポートをクリックすると大きな画像が見られます。

PDCAサイクルでWEBサイトをブラッシュアップ

アクセスログを分析して気になる点を発見すると、御社のご担当者様とご相談しながらページの見直しを進めていきます。
ここでのポイントは、直感に頼り過ぎず、データをもとに新しい仮説を立てること。
デザインや構成の一部を改変したり、キャッチコピーを見直したり、より集客力を高めるためのご提案をいたします。
ランディングページの場合は、2パターン用意してA/Bテストをすることもあります。
ページ改変後もふたたび仮説が正しかったか、改変がどのように影響したのかを検証し、さらにブラッシュアップを重ねます。

button-plan.jpg
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Read It Later
  • del.ici.ous
  • Clip to Evernote